前髪 薄毛

前髪が薄くなる原因

前髪が薄くなっていってしまう現象

年を取るにつれて、育毛の力が弱まって、毛が細くなったり生えてくる部分の面積が狭くなってきてしまうことって、気になってきますよね。特に前髪が薄くなってくることは、とても気になるところです。最近では、30代の若いうちから、この悩みを持っている人が増えてきています。これは、ライフスタイルの変化に伴い、毛髪や頭皮に悪い影響のある生活習慣が身についてしまっていることが原因の一つです。ライフスタイルが原因である事から、男性特有と思われがちな前髪からの薄毛や抜け毛の現象ですが、近年は女性も、10人に1人はこのような薄毛に悩まされていると言います。健康に関するテレビ番組で取り上げられたので、知っている人も多いはずです。

血行が悪くなる事や男性ホルモンも関係している

薄毛の原因のチェックをする方法の一つに、頭皮を調べる方法があります。前髪のある部分を触ったり押したりしてみて、もし硬く感じたら、血行が悪くくなっていて育毛に必要な栄養分が十分に回っておらず、毛髪の薄さの原因である可能性があります。そういう時は、マッサージをこまめにして、血行をよくしてあげないといけません。
また、男性ホルモンも薄毛に関係しています。男性ホルモンは、毛母細胞と呼ばれる育毛のための細胞があるのですが、これを縮こまらせてしまう働きがあり、結果として毛の成長を止めてしまいます。その他にも、ストレスによる影響で、ホルモンバランスを崩すことによって、毛髪や頭皮の健康が阻害されてしまう事も、薄毛の原因です。