aga 原因

agaという症状の原因

女性にも発生するagaという症状

多くの男性を悩ませている、前髪から徐々に薄毛や抜け毛が増えていき、加齢と共に進行するこの症状は、aga(エージーエー)と言います。これは、M字型に進行していくタイプとO型に進行していくタイプがあって、電車に乗ってる時や街を歩いている時に、そのような症状の人をよく見かけます。
実は、この症状については、女性でも発症する事があるのです。男性ホルモンが多い女性に発症しやすいという特徴があり、頭頂部、頭のてっぺんですね、それと額の辺り、前髪部分から徐々に進行していきます。agaの治療薬として、プロペシアというものがあるのですが、妊娠と出産に対して影響がある事から、女性には厳禁とされているので、気をつけないといけません。

aga(男性型脱毛症)の主な原因

agaは、日本語では男性型脱毛症と言って、読んで字の如く、男性に多い事が特徴です。女性でも発症すると言いましたが、その主な原因は、先に触れた通り、男性ホルモンが関係しています。もっと詳しく言いますと、毛根には分裂する事によって毛髪を生成する毛母細胞という細胞があります。この細胞の分裂回数には上限があり、40回から50回と言われています。しかし、男性ホルモンの働きかけにより、分裂サイクルが短くなってしまい、育毛を阻害してしまう事で毛髪が成長しなくなるので、薄毛や抜け毛が増える現象を引き起こしてしまうのです。
男性ホルモンが多い女性にも、この現象が見られるのは、そのためです。この症状は40代男性で、およそ30%の人が発症するといわれています。