フィナステリド 服用

フィナステリドの副作用について

あなたはフィナステリドをご存じですか?

 

もともとは、アメリカで前立腺癌の治療薬などに使われていたものですが、育毛治療にもなるということで、日本で男性型脱毛症「AGA」の治療薬として、認可された薬の1つです。さて、ここでAGAの治療を受けようか悩んでいる方は、フィナステリドの副作用が気になることでしょう。今回は、フィナステリドの副作用について、情報をまとめました。

 

副作用まとめ

治験での結果
国内で行われた治験時は、胃の不快感や、性欲が減退した、といった報告が5%あったそうです。これ等の症状はごくまれであり、致命的な副作用は無い、という意見でまとめられています。

性欲減退について

先に書いた通り、性欲減退は気になる副作用です。もちろん、服用を中止することにより、無くなるのは当然ですが、テストステロンという性欲をつかさどるものを減少させてしまうような成分は含まれていないため、理論上は発生し得ない副作用だそうです。
ただし、どのサイトを見ても性欲減退について副作用の一つとして書かれていることは事実であるため、可能性がある、ということは考えておいたほうがよいでしょう。

初期脱毛

まれに、フィナステリドを服用開始後1か月ほどで、脱毛が発生します。1か月ほど、初期脱毛の症状があり、その後半年間は継続して服用しなければフィナステリドの効果を期待することは難しいと言われています。長期服用するためにも、副作用に関する知識は必須と言えるでしょう。

女性の服用

女性でも、脱毛に悩んでいる方はいます。しかし、この薬は女性、未成年者への服用が禁止されています。特に妊娠中の女性がフィナステリドを摂取すると、胎児の奇形などにつながってしまうと言われています。

 

結論
今回の情報を収集するにあたり、フィナステリドについては副作用も少なく、長期服用することで、AGA治療の効果が認められているということがわかりました。今は、AGAという言葉自体にもなじみが出始めていますし、医療機関での治療が可能です。今回記載したような副作用の報告もありますので、専門の医師の元、正しい処方を受けることをおすすめします。